高校1・2年生対象コース

Basic Course
for High School 1st and 2nd Graders
基礎科

基礎科

Basic

鎌倉大船校|横浜校横浜青葉台校

高校1・2年生|中学3年生対象
6時間制作(スタンダード)コース
月火・水木・金土クラス 17:30〜20:30
日曜クラス 10:00〜17:00

高校1・2年生対象
特進コース(受験科 夜間部)
各受験科 夜間部に準ずる

「好き」を形にする。

美術の扉を開けてみよう! 基礎科で始める美大受験への第一歩。

選べる16クラス!

部活や学校行事などで出席できない時は
他曜日クラスへ振替もOK!

6時間制作コース

基礎科のスタンダードコース。
まずは週6時間、じっくり取り組もう。

クラス時間
月火クラス17:30 – 20:30
水木クラス17:30 – 20:30
金土クラス17:30 – 20:30
日曜クラス10:00 – 17:00
◯:3時間ああ◎:6時間
クラス時間
月火クラス 3時間×2日月火 17:30 – 20:30
水木クラス 3時間×2日水木 17:30 – 20:30
金土クラス 3時間×2日金土 17:30 – 20:30
日曜クラス 6時間×1日日曜 10:00 – 17:00

3時間制作コース

平日1日しか来られない人の準備コース。
3時間でもしっかり学べます。

クラス時間
月曜クラス17:30 – 20:30
火曜クラス17:30 – 20:30
水曜クラス17:30 – 20:30
木曜クラス17:30 – 20:30
金曜クラス17:30 – 20:30
土曜クラス17:30 – 20:30
◯:3時間
クラス時間
月曜クラス17:30 – 20:30
火曜クラス17:30 – 20:30
水曜クラス17:30 – 20:30
木曜クラス17:30 – 20:30
金曜クラス17:30 – 20:30
土曜クラス17:30 – 20:30

12時間制作コース

基礎科最長の12時間コース。
たっぷり描いてスキルアップ確実。

クラス時間
月火水木クラス3時間×4日
月火金土クラス3時間×4日
月火日クラス3時間×2日 + 6時間
水木金土クラス3時間×4日
水木日クラス3時間×2日 + 6時間
金土日クラス3時間×2日 + 6時間
◯:3時間ああ◎:6時間
クラス時間
月火水木クラス
3時間×4日
月火水木
17:30 – 20:30
月火金土クラス
3時間×4日
月火金土
17:30 – 20:30
月火日クラス
3時間×2日 + 6時間×1
月火 17:30 – 20:30
日曜 10:00 – 17:00
水木金土クラス
3時間×4日
水木金土
17:30 – 20:30
水木日クラス
3時間×2日 + 6時間×1
水木 17:30 – 20:30
日曜 10:00 – 17:00
金土日クラス
3時間×2日 + 6時間×1
金土 17:30 – 20:30
日曜 10:00 – 17:00

特進コース(受験科 夜間部)

「行きたい科が決まり、受験に則した指導をしてほしいな」と考えている人のためのコースです。
希望する受験科の講師に専門的な指導を受け、早い段階で高い技術と知識を身に付けることができます。特進コース希望の人は、希望する受験科のページをご覧のうえ、お申し込みください。

基礎科では美術の基本である
デッサンをメインに学びます

基礎科では主にデッサンを学びます。
芸大・美大の入試ではデッサンが出題され、
就職活動の際にも必要となるケースがあります。
デッサンは美術を志す者にとっては
欠かせない基礎なのです。

デッサンアイズ

僕たちは毎日、眼で「見て」る。景色を、友達の顔を、スマホ画面を。1日だって「見る」ことをしない日はない。だけど「見た」モノを描こうとするとちょっと困ることもある。これから紹介するものの「見方」は美術でのモノの見方、デッサンを描くうえでも大事なこと。

形の特徴

形の特徴

「そのモノらしさ」ってなんだろう? モノそれぞれの形態のルール。観察のポイントを見抜けるようになれば、自由自在に描き分けられる !

基礎科

固有色

そのモノが持っているいろんな色。鮮やかな色彩をモノクロームに変換するのがデッサンの醍醐味。

固有色
基礎科

立体感

光の方向に注意して、明暗の変化をつけよう。形が変化するポイントにアクセントを置けば、グッと立体感が増す。

立体感
基礎科

パース

パース

パース=パースペクティブ。遠近法のテクニック。基本から学べば難しくない。使いこなせれば、絵を描くのがもっと面白くなる !

前後関係

前後関係

モノとモノとの位置関係、どっちが手前でどっちが奥か。互いの距離はどのくらい? 君の絵に奥行きが生まれる !

材質感

材質感

ざらざら? つるつる? 指先で触れるように描こう。重さや温度感だって、君の眼なら感じ取れるはず !

基礎科

印象

印象

初心者にもわかるけど、ベテランでも難しい?全体の雰囲気を感じ取って、しっかりイメージを持つ。作品の魅力を決める、大事なポイント。

比率 プロポーション

大きい小さい、長い短い、測って比べて正確に描く。正確さは君の武器だ !

比率

スケール感

大きさの感じも見逃せない。臨場感が違ってくる。

スケール感
基礎科

光があれば影ができる。モノの存在感を増し、モノが置かれている台との関係を確かにする。影は隠れた名脇役 !

影
基礎科

量感

それぞれのモノが、どのくらいのボリュームを持って空間に存在しているのか?色や形だけでなく、「量を見る」感覚も身に付けていこう !

涼感