デザイン科SPコンテンツ

デザイン科 東京芸大コースについて
◎デッサン

デッサンは対象についての認識を構成し、他者に伝達する行為といえます。的確な構図、空間、形体、材質の状況、光と陰影の状況、全体と細部の関係について、バランスよく注意を払いながら画面上に構成します。社会の様々な問題に目を向け、新しい価値を提案するのがデザインの仕事です。ただ目に飛び込んだものに注意を向けるのではなく、注意を払ってものごとを見る姿勢がとても大事なのです。デッサンとデザインの考え方は多くの点で重なり、デッサン上達の過程はデザインの考え方を基礎付けます。

◎色彩構成/立体構成

色彩構成/立体構成では制約を積極的に受け入れることから問題解決の糸口を見つけ、アイデアを適切な形体に落とし込みます。ものごとに関連性を見出し結び付ける構成課題の思考プロセスは、社会の中で創造的な価値を生み出すためのプロセスと符合していきます。一連のプロセスは、ユーザー視点(見る人の視点)に立ちながら、分析思考と、感覚的判断(直感)の交わるところで展開します。デザインの要素と組成への明解な根拠は、形態とその機能を相互に関連させ合いながら美しい統一体に収束させます。

◎東京芸大コース「実技種目はデッサン、色彩構成、立体構成の3種目」

左:鉛筆デッサン[石膏] 中:鉛筆デッサン[構成] 右上:色彩構成 2015年度入試合格作品再現 右下:立体構成 2015年度入試合格作品再現

◎スケジュール

年間を通して明確な課題設定に基づいたレクチャーと制作指導、またプレゼン力の向上も重視した対話型の講評会を実施します。また発想の幅を広げるための、鑑賞授業を実施します。1学期末、2学期末には学科模試を含めた模擬実技テストを行い、合格までの道筋を具体的に把握します。

ジュニア科

基礎科

油画科

日本画科

彫刻科

工芸科

デザイン科

建築科

先端芸術表現科

受験デッサン科

美大学科

◎「ショナビデザイン科的」 色彩構成作品分析

色彩構成:「コカコーラのビンをモチーフに『音』をテーマに色彩構成しなさい」

制作時間 6時間

◎舞台と役者

構図を分析する際にまず、構成要素を「舞台」と「役者」の2つに分解してみると良いです。ホモサピエンスは噂話をする程度に情報量を持った言語体系によって現在の地位を築き上げたという説がありますが、人が人になにかを伝える際の基本的な情報の構成は「いつどこで、なにがどうした」です。

 

舞台」についての情報

「いつどこで」=「蓋を開けた時机に置かれた、コカコーラの瓶の中で、液体の表面」

「役者」についての情報

「なにがどうした」=「炭酸がシュワシュワパチパチと弾ける音が楽しい。」

 

以上が基本的な情報の構成となります。

「舞台」についての情報、「どこで」に関して、瓶の中で、液体の表面にクローズアップされるよう明快に構図が組まれていることがわかるでしょう。「役者」についてシュワシュワと上昇する感覚が、水面を画面上部に構成することで表現されています。パチパチと弾ける音は、正円の要素のリズムと反復、その配色によって楽しさを表現しています。

この画面では、「いつ?」についての情報が曖昧になっています。それは例えば、楽しいおやつの時間かもしれませんし、息抜きの静かな時間かもしれません。舞台を構成するオブジェクトの配色から受ける印象にその点の曖昧さが残ります。

基本的な構成においては「舞台」と「役者」がまず画面内に構成されます。「舞台」と「役者」の関わりが情報の焦点となり、見せ場と呼ばれることが多いです。色彩構成初心者は、役者だけの構成になりやすいですが、情報を構成する際「舞台」は欠かせません。舞台と役者と、その関わりを意識して構成すると良いでしょう。

CHECK!!

※「炭酸がシュワシュワパチパチと弾ける音が楽しい」について

 

●画面上部に作者の炭酸に対するイメージ「シュワシュワ」をビジュアライズさせ落とし込むことで、変哲も無い「モチーフ描写」から、「イメージ構成」へと昇華され、独自の作品として仕上がっています。

 

惜しむらくは時間軸の扱い、先に述べた「舞台」に対するイメージを加味させることができれば、より一層「強い画面」が構築できたのではないでしょうか。

鎌倉大船校

〔アクセス〕JR大船駅北改札笠間口から徒歩5分

〔住所〕〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船2-18-28

〔電話〕0120-978-582 0467-46-1338

〔受付時間〕月〜金9:30~13:30/14:30~18:00 土9:30~12:30/13:30~18:00 日9:30~13:30

横浜校

〔アクセス〕JR横浜駅南改札みなみ西口から徒歩5分

〔住所〕〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-11-15

〔電話〕0120-345-471 045-548-6500

〔受付時間〕月〜金9:30~13:30/14:30~18:00 土9:30~12:30/13:30~18:00 日9:30~13:30

横浜青葉台校

〔アクセス〕東急田園都市線青葉台駅から徒歩7分

〔住所〕〒227-0054 横浜市青葉区しらとり台2-32

〔電話〕0120-850-737 045-985-0675

〔受付時間〕月〜金9:30~13:30/14:30~18:00 土9:30~12:30/13:30~18:00 日9:30~13:30

Copyright © Shonan Art School. All rights reserved.

デザイン科 東京芸大コースについて
◎デッサン ◎色彩構成/立体構成 ◎東京芸大コース「実技種目はデッサン、色彩構成、立体構成の3種目」
◎スケジュール
◎「ショナビデザイン科的」 色彩構成作品分析
◎舞台と役者
デザイン科 東京芸大コースについて
◎デッサン ◎色彩構成/立体構成 ◎東京芸大コース「実技種目はデッサン、色彩構成、立体構成の3種目」
◎スケジュール
◎「ショナビデザイン科的」 色彩構成作品分析
◎舞台と役者
デザイン科 東京芸大コースについて
◎デッサン ◎色彩構成/立体構成 ◎東京芸大コース「実技種目はデッサン、色彩構成、立体構成の3種目」
◎スケジュール
◎「ショナビデザイン科的」 色彩構成作品分析
◎舞台と役者